小川利久/プロフィール紹介


代表 チーフ・プロデューサー;
小川利久(おがわ・としひさ)

プロフィール紹介

1957年 青森県生まれ 
1981年 新潟大学農学部林学科森林計測学教室卒業

現(株)長谷工コーポレーション入社、住宅販売企画、有料老人ホーム・シニア住宅の事業企画等を担当
民間シルバービジネス第一ステージ期の有料老人ホーム立上げ。シニア住宅の開発・研究。

その後、民間シンクタンク(株)くれいん館・人間行動研究所にてシルバー事業等の企画。

JR東日本シルバー事業コンサル、キヨスク・駅ビルのマーケティング
ニッポン放送をキー局とする「RADIO調査」を3年間担当など多数
主にグループインタビュー手法に基づくマーケティングおよびコンサル業務に携わる。

2000年 国内第一号の認知症高齢者グループホーム立上げ。

2001年 現・社会福祉法人きらくえん、法人事務局長として個室ユニット型の創生期的事業・特別養護老人ホーム「けま喜楽苑」立上げ後、
    西日本初の個室空間化・ 居住エリア分散型の別養護老人ホーム「いくの喜楽苑」施設長。
    阪神・淡路大震災復興住宅「生活支援型ハウスきらくえん倶楽部大桝町」(芦屋市)立上げ。

    複数の社会福祉法人経営マネジメント、施設オペレーションマネジメントに携わる。

2003年 東京都・個室ユニット型特養公募に採択される。
2004年 社会福祉法人ファミリーに奉職。理事・法人本部長就任
    兼特別養護老人ホーム「ハピネスあだち」施設長として特養における摂食機能評価、看取り援助を確立。
    学習療法実践モデル施設となり足立区学習療法実践研究会創設。首都圏における学習療法普及に貢献。

2013年4月 シンガポールで開催されたAAIF2013(AGEING ASIA INVESTMENT FORM)にて
     ユニットケア、口腔リハビリ、学習療法、看取り援助の統括的ケアシステムが評価されMAJOR AWARD受賞。

2012年より茨城大学教育学部非常勤講師

2013年より一般社団法人日本ウエルエージング協会理事

2014年4月 社会福祉法人ファミリー退職し独立。
     エイジング・サポート実践研究会設立
     現在に至る

(著書等)
 月刊シニアビジネスマーケット(連載)「高齢者の行動から考える環境・技術・ひと・数字」
 「特養に学ぶ看取り援助~高齢者ターミナル住宅の提言」(ともに12回の連載記事)

(共著)「いのちをつなぐ看取り援助~特養の介護を支える経営と看護から」(出版;エイデル研究所)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA