三浦雄一郎さんの生き方と体力増強を学ぶ

三浦雄一郎さんの生き方と体力増強を学ぶ

 
 
2017年8月23日掲載の日経ビジネスオンラインサービスから引用して投稿します。
 
 
1932年生まれ、出身でプロスキーヤーの三浦雄一郎さん
70年、エベレストのサウスコル8000m地点からスキー滑降を成功させて、世界最高地点からのスキー滑降のギネス認定記録をとり、その映画を観て心震わせたものです。
 
 
60歳で現役を引退し
65歳になった時には肥満と不整脈、高血圧、狭心症、糖尿病寸前…となり大きく体調を崩しました。
 
「世界の三浦雄一郎アスリート」でもメタボになってしまう、リタイアメント後の生き方は大きなターニングポイントです。
 
そこからエベレスト登山という新たな目標を定め、生活習慣の改善をはかり、アスリートらしい体力増強へチャレンジをスタートさせました。
 
そしてご存知の通り、70歳、80歳エヴェレスト登山を実現したのです。
しかし、トレーニングは数Kgのウエィトをつけて歩くだけだったそうです。
 
さらに500〜800gのステーキなどでタンパク質を多く摂る筋肉増強の食事を心がけました。
 
私はトレーニング方法はもとより、三浦さんのポジティブシンキング、歳を重ねた時の生き方を学んでいます。
 
目標を持つこと、それを有言実行すること
 
 
まさしく、エイジング・モデルです。
 
 
 
以下のサイトから記事をご参照ください。
 
 

[三浦雄一郎]足に重り、70歳でエベレスト登頂

第1回 500mクラスの山でも息切れ、メタボな65歳からの体力増強法

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA