外国人に人気がある日本の温泉地から学ぶ介護ビジネス


外国人に人気がある日本の温泉地から学ぶ介護ビジネス

 

日経ビジネス(2017年8月29日)掲載記事から引用し投稿します。

 

兵庫県城崎温泉の記事です。
決して便利なところでも、超有名なスポットでもないと思います。

 

しかし、確実に顧客を増やしてきました。

ポイントは
日本人から海外顧客開発へ

団体旅行客から個人旅行客への転換

オンライン予約の活用

マーケティングに基づく事業戦略が
弱みを強みに変えました。

これまでは誰にでもできた介護ビジネス

介護報酬改定を重ねながらますます難しくなっていきます。

介護保険事業と介護保険外事業む組み合わせた混合介護も必須事項と言われています。

なぜならば介護保険給付は重度者へシフトし、縮充へ向かうからです。

そんな中、海外からたくさんの国が学びにやってきています。

この事例から学ぶことができるかもしれません。

 

 

詳細はこちらのサイトをご参照ください。

外国人観光客が5年で36倍、城崎温泉の戦略とは

風光明媚な温泉街で浴衣を着て散策する外国人客が急増

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA