メガネの可能性〜JINS MEMEが見る未来

JINS MEMEについて学ぶ機会がありました。

メガネ業界にはイノベーションが起きていない 。
なぜ起きないか?

JINS MEMEは目が悪い人だけを対象にしていたのでは市場性なし、
その判断に基づいてチャレンジが始まりました。

メガネはパンツの次に付けている時間が長い
そして脳に近い
これを使って自分を見続けることができるかもしれない
そういう視点から
東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太教授とともに、眼電位 、まばたき、眼球移動を検知するメガネを開発しました。

そして、JINS MEMEで見るのは「集中」です。
「集中」の対極にあるのが「リラックス」です。
今は、これを応用して「働き方改革 をメガネで出来ないか?」という課題にチャレンジしています。

集中の主要素は以下の通りです。
1.環境
2.取り組み方
3.体調
4.集中の潜在能力
これを軸に さらに25項目のポイントがあります。

あらゆる業界やビジネスへの応用は実に面白いと思います。

(東北大学SAC東京コースⅢ第7回月例会2017年10月10日より)

 

JINSのホームページはこちらから

 

東北大学スマート・エイジング・カレッジ(SAC)東京サイトはこちらから

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA