「介護経営セミナー東京」開催のご案内

「介護経営セミナー東京」開催のご案内

大阪に続き、2018年1月31日(水)、東京で開催します。

 

 

 

例えば、以下のようなことを検証してみます。

12月は冬期賞与の時期

景気が回復している業界は、きっと良かったのではないでしょうか。

介護業界の賞与は景気に左右されることが少なく、どちらかと言えば固定給です。
月給の2〜4ヶ月分を賞与額と決め、若干の業績評価や個人評価を加減しながら支給配分額を決めていきます。

給与規定、キャリアパス、人事考課制度が適切に運用されていますか。

介護報酬の引き下げなどにより、この賞与支給財源を確保するために四苦八苦している介護事業者も少なくありません。

そんな中、やっと賞与支給を為してホッとする経営者も多いと思います。

しかし、現実は想像以上に残酷です。
賞与支給後は、数名の介護職員がまとまって退職届けを出しに来る怖い時期でもあるのです。

必ずどこかに原因があります。

ニーズに応えるために必要な職員研修は十分に行われていますか。
認知症ケア
食べる支援
看取り援助
医療との連携も重要ポイントです。

個別対応ができる車イス、リフトの活用などによる介護職員の腰痛対策に取り組んでいますか。

入居者の居住環境
職員の労働環境

これらを整えるために必要な建物改修費用は予算に組み込まれ、経営指標として共有されていますか。

介護職員が人生をかけてめざすことができる「夢」を示して下さい。

そのために、2018年度診療報酬&介護報酬同時改定を先読みした事業計画の策定は今、適切に作られている必要があります。

以上のことを共に考え、実践するために必要なことを学び合うセミナーです。

是非、ご参加下さい。
心よりお待ち申し上げます。

 

参加申し込みは

以下のウチダシステムズHPからお願いします。

(クリックしてください)

ウチダシステムズホームページ

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA