まちの形成と人の動きー水路編

「どこから、どうやってきましたか?」

東京都内にある特別養護老人ホームで暮らすご老人の話しです。

「栃木から東京へ船でやってきました」

確か、栃木は海に面していません。

「栃木から船で?」と単純な疑問がわきました。

しかし、昔は水路利用が盛んに行われていました。

荒川は東京北区にある岩淵水門で隅田川と別れます。

そして北区と足立区を通り、墨田区を経て東京湾へ流れ着きます。

 

荒川の上流に向かえば利根川となり、利根川に渡良瀬川が合流して行きます。

ライフストーリーはまちづくりと共にあります。

これもエイジング・サポート

自分史と地元史を紐解く

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA