看取りを共有する方法〜家族看取り介護勉強会

家族看取り介護勉強会

 

20108年9月22日、午後

弊社のサポートにて、都内の某特別養護老人ホームが家族看取り介護勉強会を開催しました。

施設の看取り介護委員会の主催です。

講師は小林悦子(一般社団法人生活を支える看護師の会会長)です。

全家族の60%ほどの参加率、びっくりするほどたくさんのご家族が参加しました。

 

看取りとは?

今、なぜ変わろうとしているのか?

病院とは何が違うのか?
制度はどうか?
選択肢は何?
私の場合は?
どう判断したらよいのか?
その後の家族の役割は?
看取りがもたらすものは?
などなど

特別養護老人ホームは提供できるたくさんのメニューを持ち、ご家族が後悔しないために必要な情報提供をしなければなりません。

看取りを経験してきた人は変わることを知っています。

しかし、これからはじめる人は不安で一杯です。

ご家族は常にはじめての人

介護職員たちはこれから経験を積み重ねていく人

だから、共に必要な勉強会です。

 

ご相談ください!!

なかなか簡単な作業ではありません。

看取り介護委員会の設立と運営、

現状の家族との情報共有の関係性、

家族会の有無、職員の説明能力、看取り介護の経験などなど

弊社が施設マネジメントも含めサポートいたします。

お困りの方、興味のある方はご相談ください。

エイジング・サポートのメールアドレス

ageingspa@ageing-support.com

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA