外車をシニア快適車両へ改造「車と生活」を考察!

昨夕11月7日、福祉車両改造を手がけるオフィス清水を訪問しました。

住まいづくりネットの矢作聡さんと共に代表の清水深さんとディスカッション

 

 

テーマは「車と生活」です。

清水さんはIT業界のSEから車のお仕事に転職され、

最初から障がい者の方々の改造車を手がけました。

改造に関わる車両台数は月50台、年間600台

これまで5,000台を超える車の改造を手がけ、たくさんのシニアの生活をサポートしてきました。

クレームが他社と比較して極端に低いのは

最初に徹底して時間をかけ、お客様に考えてもらうことを大切にしているからです。

ベンツをはじめシニア世代が大切にしてきた外車が車イス対応に変わるだけで

外出行動が増え、お元気になりました。

そんな幸せな事例をたくさんお持ちです。

これも確実に「ものがたり」であり「ナラティブ・エビデンス」のサポートです。

 

最近ではヤナセとの連携を強化し外国とのやり取りも盛んになりました。

 

この地域に「この会社が無くなったら困る」

そんな会社を作りたいと全国の33ヶ所の整備工場をサポートしながらネットワークを組んでいます。

さらにその上に特派員機能を持たせ全国の情報を共有したいと語る清水さんです。

これから定期的にディスカッションし、その様子をレポートできたら面白いと思います。

また「人生最期の車」

これは別プロジェクトで進めている「人生最期の○○」と連携できそうです。

楽しみはまた

次回へ・・・。

 

詳細は以下のサイトでご確認ください。

 

オフィス清水HP

https://officeshimizu.jp/

 

オフィス清水社長ブログ

https://officeshimizu.jp/category/top/

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA