ケアマネジメントのためにカメラ撮影方法を学ぶ


介護の研修資料作成やYouTubeやFacebook投稿に欠かすことができないカメラ
昨年から、私はミラーレス一眼レフカメラを使用していますがその技術がよくわからないままでした。

そこで初心者向けの勉強会に参加しプロからその技術を学んできました。
iPhoneのカメラの進化が進んでいますがやはりそこには限界があります。

カメラの持ち方、露出、絞り、シャッタースピード、ISO、被写界深度、記録方法などなど
マニュアルの方法
最も講師のプロカメラマンの言葉で印象に残ったことは

「綺麗な写真ではなく、ストーリー性のある写真」

良い仕事のためのツール選びと手法はとても重要です。

高齢者の写真を綺麗に、さらに人生歴を理解した上で撮影をさせていただけたら幸いです。

次はその活用方法

 

以下の写真を見比べてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真を撮影した私の使用カメラはLUMIIX GH4ですが、さまざまなカメラがあります。

 

勉強会では他の参加者が使っているカメラと比較できるのも有難いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑講師のカメラはキヤノン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ニコン

↓ソニー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA