介護施設倒産の原因を探る

みんなの介護ニュース

「特集」超高齢社会の「今」がわかる

ニッポンの介護学

2019/01/25より引用させていただきました。

 

この記事を噛み締めて原因を探ってみます。

介護保険スタート時のように参入間口が広かったの事実です。

しかし、安易な新規参入者によっていとも簡単に介護経営が成立する時代は既に終わっています。

重度化対応

認知症ケア

看取りケア

さらには自立支援

そして、一法人一施設、単一サービスでは生き残ることはできません。

ケアマネジメントのコンセプトに基づき多角経営から事業規模を計ることが重要です。  

そこで求められる能力は

マーケティング力

他職種連携&協働力

特に地域医療との連携は必要不可欠です。

人口が少ない地方では介護サービス以外も考慮に入れてみる必要があります。

これらはスタッフの採用

雇用の継続に直接的に響きます。

そして、継続困難へ。

 

 

(以下をクリック↓)

616 介護施設の倒産件数はなお高水準!

倒産しにくい介護施設を見つける3つのポイントとは
2018年の倒産件数は106件とまたしても高水準に」

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA