非薬物療法によって加齢による記憶力低下が防げる?

CareNet2019/5/21掲載記事)より引用
加齢による記憶力低下に「脳への磁気刺激」が有用か

 

加齢による記憶力低下が防げる?

米ノースウェスタン大学ファインバーグ医学部神経学のJoel Voss氏らによる小規模研究です。

記憶の要と言われている海馬の神経活動が刺激を受けると記憶を形成する機能が向上する
しかし、高齢者群では物事を思い出す能力も31%改善し、
記憶テストの正答数は、約39%から約51%へと約12%j程度へ増加したという。

ただ、残念ながら、1週間後のフォローアップ検査時には、記憶力の改善効果は消失し、
効果は長続きしないことも分かり
より長時間の刺激や変化を与え検証を続けていく。

 

非薬物療法以外で神経伝達を促すという発想と研究
がアルツハイマー型認知症などの改善や予防につながってほしいと思います。

 

CareNet2019/5/21掲載記事)より引用
加齢による記憶力低下に「脳への磁気刺激」が有用か

 

原文の論文 PubMedCLOUD2019/5/20論文記事)
ネットワークを標的とした刺激は、加齢に伴う記憶力低下の神経行動学的特徴を引き出す

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA