分かってきたことがあり、まだ分からないこともある認知症ケア

介護経営スクール リプレイ版No.8
「認知症ケアと介護経営」

 

 

今回は認知症のお話しです。

介護現場で、地域で、ご自宅で
不安や困っていることがまだまだある認知症ではありますが
実践や研究で分かってきたことがたくさんあります。
最近では認知症当事者の方々が自ら語ってくれています。

認知症は常に学びと実践の試行錯誤の中にあります。

介護の重心は身体ケアから認知症ケアへシフトしてきました。
脳血管性認知症からアルツハイマー型認知症へ
そしてレビー小体型認知症、ピック病
さらに発達障害型へ
認知症の中核症状と周辺症状(BPSD)が異なります。
すなわち介護が変わります。
「認知症」と一言で括っては介護経営は成立しません。
さらに薬物療法と非薬物療法の組み合わせも重要課題です。

認知症ケアは学びが続きます。
そこから実践へ。

老人ホーム選びにも重要なポイントです。

#認知症 #認知症ケア #介護

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA