もう特養とは呼ばない!介護経営スクール リプレイ版No.12 「新たな呼称の提言」


介護経営スクール リプレイ版No.12
「新たな呼称の提言」

 

 

今回は「特別養護老人ホームの呼称」のお話しです。

令和となって少し分かりにくくなった年表感覚です。

昭和38年、西暦1963年、今から56年前に老人福祉法の中で特別養護老人ホームが誕生しました。
年号も変わり、時代が変わり、価値観も変わっても呼称は変わっていません。

もう「特別養護老人ホーム」と言うのをやめませんか?

ここは介護が必要な方の住まいです。
支えあって
人生を生ききる場です。
そこには幸せな雰囲気が漂っています。

さ、なんと言う呼称が適切でしょうか?

制度的な区分では介護保険施設です。
私は「住まい」としての呼称にこだわりたいと思います。

「エイジング・サポート住宅」

いかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA