超高齢社会に必要な木陰の効用


私が大学で森林学を学んだときにも
山や森は単なる木材の生産の場ではなかったコトをたくさん学びました。
治山、癒し、レクリエーション、里山の紅葉などなど

もう一度、考えてみる機会を与えてくれる科学的研究が発表されました。

 

 

 

 

 

 

 

日経メディカル 2019.8.20より引用

JAMA Network Open誌から
都市の緑化では木陰を作る樹木が良い?
オーストラリアの研究で樹木が多い地域は心理的苦痛が少ない

オーストラリアWollongong大学のThomas Astell-Burt氏らの研究より

樹冠の大きな樹の下にいたいと思う。

なぜかホッとする気がするものだ。
それが科学的に証明されました。

都市計画、その中でも病院や介護施設、さらには学校
当然、そういう計画が実行されてきています。

しかし、それが科学的に証明されたことは
ついつい効率を求めがちな現代人へ有効なエビデンスが示されたことになります。

超高齢社会に必要な都市計画
ストレスフルな時代のまちづくり
メンタルヘルスケアのためのコミュニケーションづくりのために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事はココから 日経メディカル 2019.8.20

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA