小川利久からのごあいさつ