「エイジング・サポート・アカデミー」を開校します。

 

IID Setagaya Monozukuri School Setagaya Tokyo Japan

オンライン活用型エイジングと介護の学校です。
オンラインが分からない人も大丈夫、丁寧にご案内していきます。

laptop with chalk board on which is written – online education and man with a pointer

人生100年時代、超高齢社会の日本
長寿化の世界をリードしています。
介護保険制度施行から20年が経過し、時代のニーズに合わせて数々の変更を繰り返しています。

科学的根拠
また生命科学の発展からエイジング(加齢)が解明され、
健康寿命延伸と介護は常に連動しながら科学的根拠をさらに求められる時代となりました。

身体介護から認知症ケア
高齢者の増加に伴い、介護サービスは増え、複雑化しています。
平均寿命が伸び、介護の核心は身体介護から認知症ケアへシフトしました。

看取り
今まで病院で人生の最後を迎えていました。
しかし、今は老人ホームや在宅で人生の終末期を迎えることが目標とされ
介護に「看取り」が加わりました。

人間の尊厳を守る
人の価値観も多様化し「集団ケア」から「個別ケア」へシフトし
介護保険サービスと介護保険外サービスの選択も増えています。

複雑になった介護
財源問題もあり介護保険制度の理解は難しくなりました。
さらに診療報酬の変化の影響も受けています。
医療との連携もますます強まっています。

 

A few pencils lying on the open book

学びが必要なエイジングと介護
自分らしい人生、後悔しない、もっともっと元気に生きていく
そのためには新たな学びが必要です。

介護の学びから
そこでエイジング・サポートは
エイジングと介護の学びの場を作りました。
まずは介護の学びからスタートしていきます。
介護を遡っていくと健康な生活の基本が見えてきます。

コースは2つ
〈エンドユーザー向け〉親や自分の介護を選ぶための

介護選びコース
〈介護関係現職向け〉難しくなった時代の専門家養成
介護のプロ養成コース

 

あなたの人生が変わります。
そして、変化する社会へ貢献できます。
是非、ご参加ください。


学びはいつも人を成長させます。
そして、社会に貢献する学びは楽しい!