〔感想1_TYさん59才男性、81歳の母親の介護〕
一人息子の虐待防止不安、気がついて良かった
母は車で1時間くらい離れた実家で一人暮らし。まだまだ元気ですが、
最近は5年前に亡くなった父親のところへ早く行きたい、
とこぼしはじめました。

 

 

 

 


大企業の社長秘書も務め、プライドが高い母は近所の友人も少なく、
なんとなく漠然とした不安がおそってきたようです。
そう言えば、玄関先で転んだと落ち込んでいました。
骨折しなくてよかった笑っていましたが、
転倒する心配があるのか外出も控えるようになりました。
2ヶ月に1度くらいの頻度で実感へ顔を出しているのですが、
少しずつ家の中が乱雑になってきているのが気になります。
ついつい母親に対して厳しく説教をしてしまいました。

私は一人息子です。相談相手もいません。


 

 

 

母の終末期や看取りを考えることが怖く、
妻にも気恥ずかしくて相談ができませんでした。
そろそろ定年間近、悠々自適に送りたいと思っていますが、
自分自身の健康も心配になってきました。
介護保険のこともチンプンカンプン、親の介護ができるのか、さ
らには自分自身の老後資金も不安です、
一度、会社内で行われた定年後の生涯現役セミナーで
エイジング・サポートの小川さんの講演をお聞きしました。

その時「一人息子には親の虐待が多い」と言われハッとしました。

 

 

 

 

認知症のことから看取りまで、さらにはもと民間企業人らしくお金のこと、
制度のこともとても丁寧に教えていただき、漠然とした不安が消えて行きました。
まだ本格的な親の介護が始まったわけではありません。
しかし、無知がゆえに親を叱ったり、いじめてしまうかもしれない自分が怖いのです。
役所の介護の窓口では決して聞くことができない人生の整え方も教えてくれそうな期待が湧いてきました。
自分のためにも介護選びスクールへの参加を検討したいと思います。

 

 

〔感想2_AKさん55才女性、88歳の母親の介護〕
海外からできるの? 親の介護の遠隔操作
地方都市に母親が一人暮らし、私は海外に住む看護師です。

 

 

 

 

医療技術のことは分かりますが日本の介護保険や介護システムのことを全く理解をしていません。
近くに住む親戚が「お母さんの様子がおかしい」と連絡をくれました。
親戚も高齢者が多く、どうしたら良いのか質問をしても要領を得ません。

 

 

 

 

先日、知人の紹介でオンラインのZoomを使って小川さんのアドバイスを受ける機会に恵まれました。
「それは役所の介護窓口で尋ねてわかることですか」と質問してみると、
「うーん、難しいでしょうね」とのこと、
確かにおそらく日本に住む人も知らないことが多いと感じました。

現場の事情を事細かく教えていただき、どうすれば良いのかがよく理解でき不安が消えました。
小川さんのアドバイス通り、海外から遠隔操作をして母の介護ができるようになりました。

 

 

 

 

 

 

〔感想3_AKさん50才女性、75歳の母親の介護〕
分からないものは学び、優先順位を定める
兄がガンで亡くなり、意気消沈した父親がうつ状態となってしまいました。
たまには母を怒鳴りつけ錯乱状態となることもあり、
母の精神状態も不安定です。

Housewife with depression sitting on floor at laundry room

 

 

 

 

 

 


これからの生活をどう支えていって良いのか分からず途方に暮れていました。
相談相手もいないので、市の相談窓口に行ってみましたが、
介護のことだけではなかったのでたらい回し、
もう無理かなと思ったところで小川さんと出会うことができました。
いろいろな視点からアドバイスを受け、まずはやるべき優先順位を定めることができました。
ケアマネージャーはどんなサービスを使うか、
そのプランを作成してくれますが人生の悩み相談までは期待できません。
介護も目標設定が重要です。そして何から始めるか?

初めて経験する親の介護
分からないからこそ、
親と私と人生そのものを私はエイジング・サポート・アカデミーから学ぶことを決めました。

 

 

 

 

 

 

〔感想4_AKさん55才男性、84歳の母親の介護〕
親も悲しむ、家族間のイザコザは苦しい
恥ずかしい話しですが親の介護が始まってから3年間
兄弟姉妹が傷つけあうようになりました。
誰が親の介護をするか?お金はどう負担し合うか?
4人の兄弟姉妹の価値観も異なり、
さらにそこにそれぞれの配偶者の意見まで紛れ込んできました。
大した財産がある訳でもないのに、いつも大声で喧嘩。
親の介護で人生が苦しくなってしまいました。

Graphical drawn with chalk on the blackboard of the family with children

 

 

 

 

 

 

 


介護経験のあった会社の先輩に相談してみました。
介護だけではなく、お金のこと、財産管理のことなど
幅広く相談に乗ってくれる人がいるということで小川さんを紹介してくれました。
先輩は小川さんが施設長を務めた特別養護老人ホームで親を看取ったそうです。
運よく認知症ではなかった母親に任意後見制度の活用を進めていただき、
母の意志をしっかりと確認した上で兄弟姉妹で話し合いができるようになりました。
一番嬉しいことは、子どもたちの関係性が良くなったことを母が喜び、最近は笑顔が増えたことです。

 

 

 

〔感想5_AKさん51才男性、79歳の父親の介護〕
豊富な現場経験に基づくアドバイスに勇気が湧いた
ある日、電話が鳴り「お父さんが倒れた」と母から連絡が入りました。

 

 

 

 


夏の脱水の影響か軽い脳梗塞だという診断結果です。
親父は1ヶ月ほど入院し、杖歩行となって退院してきました。
これから母が親父の介護ができるの心配になりました。
定年まで大学教授を務めた親父はプライドも高く、
自分のことは自分でやりたいという性格です。
介護選びも安易に決めるような人間ではありません。


病院のソーシャルワーカーが介護施設や在宅サービスを紹介してくれるのですが、
病院系列の介護事業者ばかりで地域の評判があまり良くないと聞きました。
実際、親父の希望に添うものが見当たらず、病院の縁も重要だと思いながら悩んでいました。

 

 

 

 


何か適切なアドバイスをしてくれる人がいないかネット検索をしていると
Youtubeの「介護の学校エイジング・サポート・チャンネル」が見つかりました。
小川さんの介護選びの投稿を数本視聴し、迷わず問い合わせをしてみました。

単なる介護の話だけではなく多様なアドバイスから、
長年の現場経験からたくさんの方と真剣に向き合ってきたからこそ溢れ出る知恵を感じました。
親父にとって何が大切なことなのかものの見事に言い当てていき、
私も腑に落ちました。
制度だけでは解決しない介護選びの学びの重要性を実感し、親父の人生、
それを支える母親の支え方まで分かり、大きな勇気が湧いてきました。