発達障がいのピアニスト野田あすかさんの優しい演奏


ピアニストの野田あすかさんは
22歳になって発達障がいと診断されました。

それまでは他人と違う自分
うまくコミュニケーションがとれない自分に悩み続け
様々なトラブルや葛藤がありました。
だからこそなんでしょうか? 優しい演奏でした

 

 

老人ホームで暮らす高齢者の方々にも
発達障がいの方々が多くなってきたと言われています。
認知症とは異なる脳の機能障がい
行動も変わり、そのケアへの取り組みがこれからの課題です。

 

野田あすかさんから学ぶことがたくさんありました。

ピアニスト 野田あすか 公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です