変化できない介護を選んではいけない


前編「変化する介護」に続き
後編「変化できない介護サービスを選んではいけない理由」を動画にて紹介しました。

 

 

変化する社会の中、なぜ変化できない介護サービスがあるのか、その理由をご紹介します、。
必要なことをやらない理由、できない理由があります。
その原因は経営者や管理者のマネジメント力に帰することが多いのです。

変化しないということは向上していないということです。
新しいことのチャレンジには学びのために研修が伴います。
人手不足で研修もできない・・・これは正しい理由ではありません。
研修もしないから人が辞めていくのです。

経営者層から「職員のレベルが低い」という声をよく耳にします。
それは違います。
経営者層のマネジメント能力不足
「私に能力がない」という証しです。

利用者としてそのような介護サービスを選ぶといのちに関わります。
職員としてそのような職場を選ぶと人生に関わります。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA