365日24時間、止まらない介護サービスのためにSNS活用


365日24時間、1秒たりとも止まらない介護サービス

正月の中、勤務し介護サービスを提供している皆さまへ敬意を表します。
私も特別養護老人ホームに勤務していた頃、大晦日の夜から元旦にかけて老人ホームで過ごしていました。
泊まりはしませんんでしたがそれが当たり前だと思っていました。

働き方改革が叫ばれて老人ホームの中におけるサービスの提供のあり方にも工夫が必要です。
もちろん質を下げずに、ニーズにそったサービスを提供し続けることが問われています。

その答えはなかなか見つけることが難しいと思います。
しかし、徹底した無駄の排除
介護の仕事に無駄なんてない、確かにそうですね。
例えば、数人で仕事を共有する時に必要な情報を活用する方法を考えてみてください。

数日お休みで職場から離れた後、引き継いだ情報をもとにすぐに個別ケアを提供すること
今はどうしていますか?

連絡ノートへ記入し、それを読む
介護記録を確認し、その日の高齢者が必要なサービスを提供する
またその情報を次の方へ引き継いでください。

もちろんこういう作業が無駄だとは言いません。
しかし、もっと簡単に短時間で行うことができるSNSがあります。

それが分かりやすく良いケアの提供につながり
高齢者の方の笑顔を引き出し
家族から信頼されるようになるとしたらいかがでしょうか?

実はその手段がいくつあります。

興味ありませんか?

以下の動画にそのヒントが含まれています。

 

ご視聴いただき、何かに気づいた方は
ご自身の仕事を振り返ってください。

ご質問がある方はトップページから
是非お問い合わせをください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です