リモートケア〜Zoom活用遠隔介護〜新型コロナウィルス感染症には負けない!


新型コロナウィルス感染症対応に
どこの介護事業者も必死で対応しています。
外来者も制限をかけざるを得ず、コミュニケーション不足、その部分も介護職員たちの負担増です。

何かできないか?

介護経営コンサルタントの仕事はオンラインZoom会議や研修に切り替えています。
介護サービスの中で遠隔でできるものは何か?
それこそコミュニティケアです。

ケアを区分し直接ケアをリモートケアに変える。
10%が90%をサポートすればケアは変わり新型コロナウィルス感染症には負けない。

そこで岩手県八幡平市の特定非営利活動法人里・つむぎ八幡平の高橋和人代表と話し合い
東京からZoomを活用して遠距離ケアを実践しました。
おそらく、はじめての試みです。
大きな発見もありました。

 

オンライン遠隔介護
やってみて分かったこと

テレビと違って双方向
編集時に見えてくる認知症の行動・心理症状
相手の事前情報は必須
少人数が理想的
音声収録が重要

やってみないと分からない!

 

 

【介護選びをキチンとをやるべき理由】

👇フォローミー👇
https://ageing-support.net

エイジング・サポート
介護選びコンサルタントの小川利久です。

■介護選びをキチンやるべき3つの理由

いのちに関わる
絶対に後悔しない
あなたも成長する

スクール申し込み、お問い合わせ、コメントは
エイジング・サポート・サイトの
申し込み、お問い合わページから
↓↓↓↓↓↓↓↓
エイジング・サポート・アカデミー
介護選びコースのスクール申込み開始コーナーからお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ageing-support.net

asa介護選びコース

以下のプレゼントを差し上げます。

************
✨ニュースレター配信希望者限定✨
「介護選びの64Windows」😁

エイジング・サポート小川の各種サイト(リンクツリー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です