株式会社エイジング・サポート

エンドユーザー向け「介護選びコース」などオンライン教室のプランをご案内しています

お問い合わせはこちら

介護のプロ養成コース

高齢者ケアの選び方やプロとしての幅広い専門知識が身に付きます

「加齢と向き合い、自分らしく活き活きとした人生を全うできるように」という想いを込めて、

科学的エビデンスに基づいた介護選びの教室をオンラインを通してお届けしています。

三十数年間に及ぶ、建築や健康・高齢者ケアに関わるノウハウの集大成としての学びの場を、皆様にご提供します。
学習カリキュラムは、制度やサービスの選び方をはじめ、経営マネジメント、

人材育成、看取り、幅広くご用意しており、高齢者ケア向上から

介護事業の起業を目指すプロの方をサポートいたします。

日本初!!施設長養成スクール

プレミア、スタンダードの2つのコースをご用意しました

施設長養成スクール【プレミアコース】

施設長を経て、さらに起業をめざす方向けのコース

 

①オンラインスクール24回 
②オンライン個別コンサル基本2回、随時可能
③研修動画ヤード利用権 
④施設長評価制度エントリー権
⑤介護経営オンラインサロン参加権
⑥オンライン実践スクール(OPSS)参加権
⑦起業サポート(仕事をシェア)

 

施設長養成スクール【スタンダードコース】

地域一番をめざす施設長業務習得コース

①オンラインスクール24回 
②オンライン個別コンサル基本2回、随時可能
③研修動画ヤード利用権 
④施設長評価制度エントリー権
⑤介護経営オンラインサロン参加権

 

介護のプロ養成コースの各スクールのご案内

福祉大国として有名な北欧スウェーデン・デンマーク、
これらの国では先進的に高齢者ケアに取り組んでおり、
その取り組みの中から、「高齢者ケアの3原則」という、
住み慣れた環境に住み続ける「環境の継続性」、
本人の考えを尊重する「自己決定」、
知識・技術を駆使して可能な限り自分の身体を使い続ける「自己資源の活用」の3つの原則が、
高齢者の自立を促す基本的な考えとして生まれ、日本に伝わっています。
1980年代に、スウェーデン王立工科大学に留学されていた建築家の故・外山義先生、
その外山先生がスウェーデンから持ち帰った「サービスハウス」という住まいの形態が、
今日の認知症グループホームの原型になっています。
代表の小川は直接の指名を受け、
外山先生が行う認知症グループホームの制度的な国内第1号のプロジェクトに参画、
直々に教えを受けた過去があり、

これらの教えやその後の研究をまとめた学習カリキュラムをご提供しています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。