介護がトラブル、訴訟まで行かないための弁護士の役割

お問い合わせはこちら

介護がトラブル、訴訟まで行かないための弁護士の役割

介護がトラブル、訴訟まで行かないための弁護士の役割

2021/04/12

こうして起きる介護訴訟〜裁判にならないための弁護士の役割

エイジング・サポート・ライブ_2021年4月11日 振り返りレポート 

(ゲスト)弁護士・加藤正太さん

未来創造弁護士法人 パートナー弁護士

(テーマ)こうして起きる介護訴訟

 

 

デイサービスの転倒事故事例から介護のトラブルが裁判まで発展する理由、その際の弁護士の役割から裁判官の判断のポイントまでご教示をいただきました。

 

加藤弁護士たちは

裁判にならない、つまりトラブルが起きないところから介入していきます。

 

ぜひ、動画でその意図をご確認ください。

 

 

よく聞きますね、介護に関わるトラブル

それが当事者同士で解決できない場合は訴訟となってしまいます。

 

一生懸命生きてきた高齢者の生活の最後がトラブルになって訴訟へ

 

多くは介護選び、お金、財産管理も問題と繋がっています。

 

介護訴訟

どんなところで、どんな時に起きているのか

そこに特化した弁護士からお聞きしました。

 

 

最近増えた各専門家の士業、弁護士、税理士、司法書士、行政書士の方々と
介護で後悔しないために
セミナーをエイジング・サポート・アカデミーの中で開催をすることを検討してまいります。

それは人生100年時代、あなたの人生を豊かにするための必須項目です。

こうして起きる介護訴訟〜裁判にならないための弁護士の役割_通所介護の転倒事例から【弁護士・加藤正太さん×小川利久】

YouTube「利久のエイジング・サポート・チャンネル」からご視聴ください

未来創造弁護士法人ホームページ 

加藤正太弁護士へのご相談

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。