株式会社エイジング・サポート

お問い合わせはこちら

ASブログ

2021/11/11

老人ホームは住まい

共同居住の理解

老人ホームの共同居住〜生活をシェアする 

マンションなど共同住宅との違い

社会福祉法人が設置運営する特別養護老人ホーム

2003年にユニット型特別養護老人ホームが制度化されました。

認知症のグループホームの歩みと同様に

特に認知症高齢者の生活のサポートのために

個別ケアが提唱されはじめました。

介護保険制度の目的にも「高齢者の尊厳を守る」ことが掲げられ

さまざまな取り組みの基本事項となっています。

 

老人ホームも収容する場所ではなく

「生活の場」として再認識され

ハード的にも研究が進み

私が担当した施設の中でも複数の介入研究が入りました。

 

その中でテーマとされた一つが

「共同居住」

マンションは共同住宅・・・建物をシェアする

老人ホームは共同居住・・・生活をシェアする

 

その中で提供される介護

ユニットケアと呼ばれて今に至っています。

 

ハードとソフトの融合

高齢者の生活をサポートする進化

 

エイジング・サポートは

その学びと実践サポートを提供しています。

YouTube 介護の学校「利久のエイジング・サポート・チャンネル」

ぜひ、ご視聴ください。チャンネル登録をお願いいたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。