老人ホーム施設長資格(特別養護老人ホームの場合)

お問い合わせはこちら

老人ホーム施設長資格(特別養護老人ホームの場合)

老人ホーム施設長資格(特別養護老人ホームの場合)

2021/10/02

意外な老人ホーム施設長の資格

誰でなれる、しかし自分の意志でなれない

老人ホーム経営の要は施設長です。

 

どなたが施設長なのか?

施設長になるためにどんな資格が必要なのか?

施設長人事はどうやって決定するのか?

 

私も10年間、兵庫県と東京都で特別養護老人ホームの施設長を務めていました。

おかげさまで経営も安定し、

全国各地から見学にきていただくような施設に仕上がりました。

 

多くの見学理由は

ユニットケア

老人ホーム経営の学び

非薬物療法認知症ケア

看取りケアなど

 

厚生労働省関係者の見学も多くありました。

 

 

コロナ前ゆえにシンガポール、中国や韓国など海外からの見学者も多く

たくさんのご縁をいただくことができました。

2013年にはAGEING ASI A INNOVATION FORMにて

個別ケアと認知症ケアのテーマでメジャーアワードを受賞したこともあり

さらに見学者が増えました。

 

老人ホーム施設長は誰が

どんな要件で担っているのか?

 

施設種別によって用件は異なりますが

私が勤めてきた特別養護老人ホームについて解説いたします。

 

意外や意外

誰もが施設長になることができます。

しかし、自分の意志で施設長になることができません。

例えめざしたとしても理事会に推挙されなければなりません。

 

私には今でも声がかかります。

「小川さんが施設長になってくれると助かります」

とてもありがたいことです。

 

私は施設長を受けることができません。

代わりに施設長スクールで育成に努めることにしています。

 

11月

第3回施設長スクールを開校します。

 

介護選びの核心は施設長選び

施設長の育成が必要な時代です

2021年11月 第3回施設長スクール開校します

詳細は追って告知予定

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。