株式会社エイジング・サポート

【#21】介護経営のシステム化〜認知症ケア

お問い合わせはこちら

【#21】介護経営のシステム化〜認知症ケア

【#21】介護経営のシステム化〜認知症ケア

2022/01/29

【#21】介護経営のシステム化〜認知症ケア

老人ホームは重度の認知症の方を拒むことはできません 

介護の重心は身体ケアから認知症ケアへシフトしてきました。

 

日本の認知症高齢者は約500万人

いずれは高齢化の推移と連動して800万人まで増えると言われています。

特別養護老人ホーム入居者のほとんどが認知症と言っても過言ではありません。

認知症の累計も新たに解明され、医療面、ケア面の双方において区分されてきました。

しかし、社会自体まだまだ整備されていません。

認知症診断においても誤診が多いと思われます。
介護現場のケア困難事例はここの見極めから始まります。

さらに徹底した個別対応、それをつなぐチーム労働

多職種連携&協働

薬物療法と非薬物療法
中核症状を理解し、周辺症状(BPSD)を見極める

事例検討会を重ね

認知症ケア研修を行う

まずは老人ホームの介護経営のシステム化を
認知症ケアから着手してまいります。

YouTube「エイジングと介護の学校ーエイジング・サポート・チャンネル」

有意義なエイジングと介護の情報を分かりやすくお届けします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。