株式会社エイジング・サポート

【#17】介護経営のシステム化〜三大ケア

お問い合わせはこちら

【#17】介護経営のシステム化〜三大ケア

【#17】介護経営のシステム化〜三大ケア

2022/02/01

【#17】介護経営のシステム化〜三大ケア

排せつケア、食事ケア、入浴ケア


かつては三代介助と言われてきた

排せつ介助、食事介助、入浴介助

 

ここでは三代ケアと称して
その重要性をお伝えしていきます。

しかし、身体ケアから認知症ケア、さらには看取りケアにシフトしている昨今、この「三大」のとらえ方も変わってきています。

 

しかし、重要であることには変わりません。

 

排せつケア、食事ケア、入浴ケア
 

ずいぶん考え方が変わり、技術面も進化してきました。

全ての基本となっているのは

「個別ケア」

介護保険施行前の措置制度の中では、これらの三大ケアは「集団ケア」として行われてきました。

 

この一点を考えただけでも大きな変化があります。

施設ごとのケア方針、住環境、設備、職員教育などが大きく影響を与えています。

 

ケアそのものだけではなく、もちろん働く人の労働負荷も変わりました。

 

だからこそ、介護経営のシステム化の重要ポイントとなります。

YouTube 「エイジングと介護の学校ーエイジング・サポート・チャンネル」

有意義なエイジングと介護の情報を分かりやすくお届けします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。