いのちは時間 介護はいのちを支えること

お問い合わせはこちら

いのちは時間 介護はいのちを支えること

いのちは時間 介護はいのちを支えること

2021/06/08

いのちは時間

もと聖路加国際病院名誉理事長 日野原重明さんの言葉を受け止めて介護を検証

介護はいのちを支えること

そのいのちは「時間」

105歳で天寿を全うされた元聖路加国際病院名誉理事長の日野原重明さんのお言葉

「いのちは時間」

よくよく考えてみるとこの言葉はとても重い!

1秒1秒、休むことなく私たちは人生を刻んでいます。 その全てがいのちです。

老人ホームの介護、生活支援にあてはめて考えてみます。
時間を共にします。
その時間がいのちです。
介護、生活を支援するという技術や作業に目が向きがちとなります。
しかし、その時間へフォーカスしてみます。
何かが変わります。
共有している「時間がいのち」である。
そうとらえてみると 人としての接し方が変わります。
 

高齢者の培ってきた時間はあなたより長く
これからの時間はあなたより短い

毎日毎日がいのちの積み重ね

そう、今この時間もいのち

いのちは時間

老人ホームに必要なとらえかたです。
介護が必ず変わります。

介護は 「人生終末期の生ききることを支えること」

介護はいのちの時間を支え合う!

素晴らしい人としての営みです。
だから、介護は人を成長させます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。