株式会社エイジング・サポート

食べる力支援(誤嚥性肺炎予防)

お問い合わせはこちら

介護経営コンサル
食べる力サポート
(誤嚥性肺炎予防)

食べる力サポート

誤嚥性肺炎予防/摂食・嚥下機能評価/口腔衛生

高齢者の死亡死因の第3位を占める肺炎、その多くは誤嚥性肺炎
口腔衛生管理体加算、経口維持加算など介護報酬の中で既に制度化されている「食べる力」への取り組みです。
しかし、なかなかサービス導入ができず定着しにくいものの一つです。
それは歯科医、歯科衛生士も含めた多職種連携&協働のシステムを作りマネジメントしなければならないため
簡単には取り組み、成果を上げにくいことが理由です。
きちんと家族にも説明し同意を意いただいておかなければ、誤嚥性肺炎は事故扱いとなります。
エイジング・サポートは2006年から取り組み、成果をあげてきたチームを編成してサポートいたします。

介護経営を安定させる
食べる力サポート

誤嚥性肺炎という事故を減らし、看取りへつなげるために必要なこと

誤嚥性肺炎による入院者をゼロにすることは可能です

老いて食べることが難しくなる
ここから介護の本領発揮です!

食べる力支援は
看取り介護とセットです

意外と知らない語らない
だからできないシステムづくり

食べることができなくなると死が近くなる
死が近いから、食べることが難しくなる
禅問答のようですが、これはとても重要な介護のシステムづくりです。
歯科医の役割?
虫歯、入れ歯調整だけではありません。
食べる力、咀嚼する力、飲み込む力を総合的に見ていく必要があります。
そして看取り介護をセットしていかなければなりません。
結構、バラバラに動いている介護施設が多いのも事実です。
施設運営と連動せず、ただ訪問歯科医がきて歯科治療にあたっているだけでは施設経営は向上しません。
つまり、ここは看取り介護領域となります。
分けて考えるのではなくセットで考え、高度な多職種連携&協働のマネジメントのシステム化が必要です。
ぜひ、ご不明な点はお問合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。