株式会社エイジング・サポート

介護における住環境の力

お問い合わせはこちら

介護における住環境の力

介護における住環境の力

2022/08/25

介護における住環境の力
共同住宅とではなく共同居住の場
「自宅ではない在宅」

エイジング・サポート・ライブ0824振り返りレポート

住環境の力

老人ホームを経営するとき

環境の力を活用することによって

介護力が向上し、生活が安定していきます。

結果として経営が向上するのです。

どのような経緯で認知症高齢者グループホーム(認知症高齢者共同生活型介護)や

全室個室ユニット型特別養護老人ホームが登場してきたのか?
あるひとの提案、実践、研究、報告を経て
様々な仕組みが制度化されていきました。

 

老人ホームや高齢者住宅は

共同住宅とではなく共同居住の場となりました。

 

外山義先生が示してくれた

「自宅ではない在宅」

 

それを具現化した設計士・永野一生さん

この言葉に託された様々な思考を再考してみました。

 

2022年の今、どのようになっているのでしょうか?
   
    介護における住環境の力共同住宅とではなく共同居住の場「自宅ではない在宅」
    エイジング・サポート・ライブ0824振り返りレポート
   
 

 

タイトル

サブタイトル

テキストテキストテキストテキスト

タイトル

サブタイトル

テキストテキストテキストテキスト

タイトル

サブタイトル

テキストテキストテキストテキスト

タイトル

テキストテキストテキストテキスト

YouTube エイジングと介護の学校「エイジング・サポート・チャンネル」

有意義な情報を分かり易くお届けします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。